Shortman為替レポートを10日間、完全無料で受け取り、まずは稼いでください。

為替

為替週報

為替週報(2021年9月13日)

8月の米雇用統計が予想よりも悪かったことを受けてドル円は弱含みの展開になるも、自民党総裁選(後の経済対策)への期待感から日本株が大幅に上昇したことを支援材料に円安へ。8日に週間高値の110.44円まで上昇した。その後NY株下落に伴う米長期金利の低下もありドル円は再び軟化。9日に週間安値となる109.61円まで下落した。

為替日報

為替日報(2021年8月27日)

昨日のNY株式市場は反落。翌日にパウエルFRB議長の講演を控えて様子見ムードが漂う中、新型コロナウイルスデルタ株の感染拡大が懸念され、かなり慎重な対応を示すのではとの見方が強まる。ただ、数人のFRBメンバーが年内テーパリングを歓迎するタカ派的な発言をしたことや、アフガニスタンの首都カブールでの混乱を嫌気して売りが拡大。

為替週報

為替週報(2021年8月23日)

先日のFOMC議事要旨から、年内にテーパリングが始まる可能性が高まっている。しかし、米国でもデルタ株による感染が拡大して、消費者心理も悪化している、また、デルタ株の世界的な感染拡大により、原油先物相場も軟調推移となり、米インフレ期待も沈静化する中で、テーパリング(資産購入縮小)をいつおこなうかは不透明。

Powered by WishList Member - Membership Software