Shortman為替レポートを10日間、完全無料で受け取り、まずは稼いでください。

為替週報

為替週報(2021年5月3日)

FOMCのメンバーの中に一部タカ派的な意見はあるものの、コロナ感染拡大は終息には程遠いことと、パウエルFRB議長が何度も発言しているように出口戦略に関しては時期尚早との見方は変えない。ただ今週は4月の米ISM製造業景気指数、非製造業景気指数、ADP雇用統計と重要な指標が相次ぐ。日本がGWで流動性が乏しく値が動きやすい。

為替週報

為替週報(2021年1月11日)

ジョージア州上院選挙で2議席を米民主党が獲得したことから米民主党のブルーウェーブが実現し、マーケットはリスクオンになった。6日(水)にクリーブランド連銀のメスター総裁のハト派的な発言により、週間安値となる102.57円まで円高が進行したが、その後はドルの買戻しが続き8日(金)には週間高値となる104.08円まで円安に。

為替週報

為替週報(2021年1月4日)新年おめでとうございます。

1月5日にジョージア州で米上院選挙の決選投票が行われ、1月6日は選挙人団の認定、トランプ大統領が呼び掛けた集会がワシントンDCで行われる。政治的な動きに相場は左右されるであろう。特に1月6日に選挙人団がバイデン氏を次期大統領と認めるのか、それともそれを拒否するのかどうかで、相場が乱高下する可能性もあるので注意したい。

為替週報

為替週報(2020年11月23日)

大手メディアは依然としてトランプ大統領の再選が厳しくなったと報じております。特にスイング州と言われる激戦州での投票結果はなかなか僅差でした。投票の数え直しもあり、早々にバイデン氏の勝利をメディアは打ち出していますが、大統領選の結果がそのまま大統領選出になる訳ではないで、メディアの情報は信用しない方が良いでしょう。

Powered by WishList Member - Membership Software